道の駅にのみや今年のいちご

道の駅にのみや生産者の声 第24回

いちご生産 道の駅にのみや

今年も寒い冬がやってきました。いちごのシーズンの幕開けです。今年は天候によって、いちごの収穫は例年より遅れています。道の駅にのみやの店頭に並ぶいちごの量も例年より少なくなっています。しかし、いちごは今年も元気に育っています。道の駅にのみやのハウスでも大きな葉がたくましく生い茂り、小さな白い花がたくさん咲いています。ハウスの中を蜂が飛び回り、受粉を助けているところがあちこちで見受けられます。

今年は3棟のハウスのうち2棟がとちおとめ、1棟は今年初めて着手したとちひめの栽培を行っています。いずれのハウスも元気にいちごが育っています。いちごの花は上を向き太陽に向かって伸びて実をつけて徐々に下向きに下がっていくのが理想的です。どの花もぐっと上を向いてのびている姿で順調に育っていると見てとれます。ここからは病気が出ないよう見守りながら手入れをしていきます。もうすぐこのたくさんの花たちが実をつけ、真っ赤に色づき始めれば収穫の時期の到来です。心をこめて育てたいちごがお客様の手に届く大事なときです。道の駅にのみやへお越しいただくお客様に堪能していただくことを楽しみにスタッフ一同いちご栽培を続けております。

<<ホームに戻る <<生産者の声に戻る <<バックナンバーに戻る