花の出荷

道の駅にのみや生産者の声 第32回 2016/07

光菅豊さん

暑い日が続くようになりました。冬いちごシーズンはもうすぐおわり、にのみやの物産館にも夏の果物や野菜、そして花がたくさん並ぶようになりました。今回はにのみやへお花を出荷してくださっている光菅豊さんにお話を伺ってきました。
光菅さんはお花の栽培の仕事を15年以上続けているベテランです。光菅さんが今日出荷していたのはバーベナとカリブラコア。ドイツの種苗会社と契約して生産を行っているこだわりのお花です。

とちおとめ

2種類とも色のバリエーションが多く売り場はとても華やかでした。どちらも春から秋にかけてと長くお花を楽しむ事ができるそうです。お花を長くきれいに咲かせる為にはお手入れが肝心です。どのようにお手入れをすればより長くお花を楽しめるか光菅さんに伺ったところ、水やりと、こまめに花摘みをするとの事でした。枯れてしまったお花をなるべく早く摘み取ることで次の花が咲きやすくなるそうです。また出荷したお花の中からおススメのお花を伺ったところカリブラコアのカメレオンという品種で、特徴は気温によって咲く花の色が変わるという珍しい品種です。季節をまたいで長く咲いている花なので気温での色の変化も楽しめます!
暑い時期がくるとお庭に草花が欲しくなります。ぜひこの時期にお花を植えて涼しげで彩りのあるお庭を楽しんでください。

とちおとめジャムとちおとめジャムジャム

<<ホームに戻る <<生産者の声に戻る <<バックナンバーに戻る