プレミアムとちおとめ

シクラメン作り30年。

久保野園芸 代表 久保野宏さん。

真岡市鹿で、シクラメン栽培を営む久保野さん。

「シクラメンもね。人間といっしょなんです。」

そう、久保野さんは、言う。

「堆肥管理というのがね。人間といっしょなの。多すぎてもだめ。少なすぎてもだめ。」


通常、1年くらい持つというシクラメンの鉢。

しかし、久保野さんのシクラメンは、5年目に突入したものがあるという。

シクラメンは、11月~12月中旬。これからが最盛期。

<<ホームに戻る <<生産者の声に戻る <<バックナンバーに戻る